肌トラブルさようなら!美容に良い生活

ニキビには3つの種類があり、できやすい場所に個人差があります。

肌トラブルさようなら!美容に良い生活

ニキビの種類とできやすい場所

肌トラブルさようなら!美容に良い生活
ニキビは美容を気にする女性にとって大敵です。
ニキビを気にして悩んでいる人は多いはずです。
ニキビには大きく分けて3つの種類があります。
1つ目は白ニキビです。
これは、毛穴に古い角質や皮脂が詰まってしまい、盛り上がって見えるものです。
白ニキビは表面が普通の皮膚の色と変わらないため、毛穴がよく見えません。
2つ目は黒ニキビです。
これは、鼻によく出来てしまいます。
皮膚腺から出た脂が酸化して黒くなっている状態です。
白ニキビと一緒に、毛穴に古い角質や皮脂が詰まり、盛り上がっているように見えます。
黒ニキビは毛穴が開いた状態で、詰まっている角質と皮脂が外からは黒く見えます。
3つ目が赤ニキビです。
白ニキビや黒ニキビがアクネ菌によってアレルギー反応を起こし、炎症を起こしている状態です。
つまり、白ニキビや黒ニキビが悪化して、赤くただれてしまって赤ニキビとなります。
どの種類のニキビでも、スキンケアがしっかりとされていないことが原因の1つだと考えられます。
スキンケアや日常生活を見直すことによって症状を軽くすることができるでしょう。
ニキビにはできやすい場所があります。
中には、できる場所が決まっている人もいるでしょう。
額や鼻のTゾーンは、皮脂線や汗腺が集中しているので、べたつきやすく汚れが吸着しやすいためニキビができやすい場所です。
さらには、額は髪の毛が肌にあたるので、汚れやアクネ菌がついてしまいニキビができやすくなります。
スキンケアだけでなく、髪の毛が当たらないようにまとめておく対策も必要です。
頬には、ニキビができやすい毛穴が集中しています。
メイクが毛穴に詰まり、ニキビとなるケースも少なくありません。
また、頬は手などが触れやすい場所のため、無意識のうちに触ってしまい、雑菌がついてニキビとなることもあります。
乾燥肌なのにニキビができる場合は、皮脂の分泌が少なくなっているので、毛穴に皮脂が詰まることは少ないはずです。
しかし、皮脂を分泌する能力は持っているので、その皮脂が毛穴から出ることができず、中で詰まってしまいニキビになるケースがあります。
これは、ゴシゴシと洗顔をしているだけでは改善できません。
顔全体にニキビができやすい人は、顔全体的に油っぽい体質であることが考えられます。
また、全てに通じて考えられることがあります。
それは、基本的に肌は敏感で、少しのアクネ菌や雑菌が付いただけですぐに反応してしまいニキビができてしまう人が多いようです。

Copyright 2014 肌トラブルさようなら!美容に良い生活 All Rights Reserved.